キャッシングで延滞するとどのぐらい金利が取られる?

モビットの審査はいたって簡単ネットから申し込めば融資まで誰にも会うことなくお金を借りることが出来ます。モビットは振込融資や即日融資にも対応しているので初めての利用者にも大変人気です。

キャッシングで延滞するとどのぐらい金利が取られる?

キャッシングで延滞するとどのぐらい金利が請求されてしまうのでしょうか?

キャッシングで延滞するとどのぐらい金利が請求されてしまうのかというと、2010年の6月に施行された貸金業法および出資法の改正により、上限金利は20%となっています。

そのため、貸し付けを行う業者は延滞された場合でも、出資法の上限に合わせた20%の利率で請求することがルールとなったのです。

改正以前は、最高29.2%と3年で返済額が倍近くになってしまうほどの金利でした。

現在は上限金利が下げられたため、年率20%を超過すると出資法違反となり、金利が20%を超えていると刑事罰の対象となってしまいます。

しかし、返済が遅れると信用度にも関わってきますので、返済日までに支払いが間に合わないとわかったらすぐにでも契約会社に連絡するようにしましょう。

事前に連絡しておけば、それなりの対応をしてもらえますし、数日程度の延滞なら何も問題なく対処してもらえるでしょう。

どうしても返済ができなくなってしまった場合でも、連絡して相談すれば、月々の返済額を減らしてもらえるような返済計画に変更してもらうこともできるので、早めの対応が重要です。